アクティブ・サーモグラフィー非破壊検査システム(IrNDTシリーズ): 実績のある代表的用途です

航空機のNDT検査

航空機の検査

IrNDTの最も顕著な実績として、エアバス、ボーイングなどの航空機メーカーや
ルフトハンザ、ドイツ空軍などの機体整備
に採用されており、FAAの認証も得ています。

大面積を1度に検査できる点を活かして、カーボン繊維強化プラスチックなどの
複合材料、アルミ構造物のリベット接合、デラミネーション、接着異常、ハニカムや
複合材料に入り込んだ水の検査などに用いられます。

<対象製品: C-CheckIRJetCheck>      <IrNDTシリーズの用途

お問合せ

ページトップへ戻る

太陽電池のアクティブ・サーモグラフィー非破壊検査

太陽電池の検査

クラックの検査に加えてエミッション解析も行えます。
変調電流を流し検査を行う暗視野ロックイン・サーモグラフィー(DLIT)および変調光
を照射して検査を行う光照射ロックイン・サーモグラフィー(ILIT)により、局所的な
シャントの検出ができます。

<対象製品: SolarCheck>      <IrNDTシリーズの用途

お問合せ

ページトップへ戻る

風力発電ブレード(羽根)のアクティブ・サーモグラフィー非破壊検査

風力発電ブレードの検査

ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)や、カーボン繊維強化プラスチック(CFRP)
などの複合材料の品質検査に使われます。
接着不良、デラミネーションなどの検出に理想的です。

<対象製品: C-CheckIRCompositeCheck>      <IrNDTシリーズの用途

お問合せ

ページトップへ戻る

自動車や鉄道車両のアクティブ・サーモグラフィー非破壊検査

自動車や鉄道車両で用いられる複合材料の品質検査に用いられ、接着不良や
デラミネーションなどの検出に理想的です(CompositeCheck)。
また自動車のダッシュボードで用いられる発泡材料の接着不良、デラミネーション
の検出用のシステムもあります(DashboardCheck)。

<対象製品: C-CheckIR、   CompositeCheck、  DashboardCheck
IrNDTシリーズの用途

お問合せ

ページトップへ戻る

タービンブレードのアクティブ・サーモグラフィー非破壊検査

タービンブレードの検査

タービンブレードの検査

極めて激しい負荷を受けるタービンブレードの定期的な品質チェックにおいて、
クラックの検出を短時間(12秒以下)で行えます。
タービンブレード以外にもクラックの検出を短時間で行いたい場合にも、ロック
イン・サーモグラフィーを用いた本検査システムは有用です。

<対象製品: CrackCheck>      <IrNDTシリーズの用途

お問合せ

ページトップへ戻る

溶接のアクティブ・サーモグラフィー非破壊検査

溶接の検査

溶接の検査

プラスチックや金属の溶接の接合部の検査を短時間で行うシステムを提供し
ています。溶接検査に必要な様々なアクティブ・サーモグラフィー手法を自在
に選択して、製造ラインでの全数検査を短時間で(通常1秒以下)で行えるよう
に、システム設計されています。

<対象製品: WeldCheck>      <IrNDTシリーズの用途

お問合せ

ページトップへ戻る